代位弁済通知が来てサービサーが債権者になった?

代位弁済通知が来てサービサーが債権者になった?

サービサーとは債権の回収を代行する会社

代位弁済通知が届く前に督促状が届いているはずです。

 

その督促状を受領した段階でアクションを起こさなけれ、債権者はローン契約を取り交わした内容通りの行動に出ます。

 

 

契約書の内容とは次のようになっているはずです。「ローン返済が滞った場合には一括返済します。」という約束項目が重要な内容です。

 

保証会社は債務者に成り代わって債権者に
債務を返済することを「代位弁済」ということです。

 

代位弁済が行われれば、債権者は融資額を全額回収できたことになり、
債務者への返済請求は保証会社から来ることになります。この保証会社が、
代位弁済した債権をサービサーに売却するならば、サービサーが債権者になるのです。

 

話を整理しますと支払いの滞ったローンは督促状を
受領した段階から一定の期間をおいた後にローンによる支払契約は失効します。
そして一括返済を求められます。

 

一方、支払いの滞った債権は金融機関から保証会社そしてサービサーと移動します。
債務者にとっては誰が債権者であろうとも債務は必ず返済しなければなりません。

 

そこで保証会社は通常は債権の回収に競売の申し立てをして着々と
裁判所との間の手続きを進めます。それではサービサーは債権回収にどのような
手段を講じてくるのでしょうか?

 

サービサーは主に債権の回収を代行する会社です。しかし回収手段は法的に消費者金融業等と
同じように制限されています。脅し、嫌がらせ、暴力団、請求時間、場所など厳しく
制限されているのです。したがって、サービサーが債権者になったからと言って特に驚くことは何もありません。
冷静にしかも確実な手段を法律的に選択して対応することが肝要です。


ホーム サイトマップ