銀行から一括返済の通知が来たらどうする?

銀行から一括返済の通知が来たらどうする?

最大のチャンスは一刻も早く銀行と交渉

銀行から一括返済の通知が来たということは、その前に督促状を受領しているはずです。

 

 

その督促状の時に銀行に対して何も交渉しなかったなら一括返済を通知されるのは当然です。

 

たとえ交渉したとしても、滞納分を納入しない限りは一括返済の事態に陥るのは時間の問題です。

 

一括返済を求められる根拠は、銀行から融資を受けた時に取り交わした契約書の内容です。

 

「ローンの支払いが滞った時はローンによる分割返済の契約は失効して、一括返済をします」と約束をしているのです。

 

銀行としては最初に督促状を通知して、債務者の多少の事情や何かの手違い、思い違いによる支払いが滞ったことへの配慮と警告を発しています。

 

その後に一括返済の通知ということで融資時の契約書の内容にしたがって手続きを進めているのです。次になされる手続きは競売の申し立てです。銀行によってこの手続きがなされると裁判所は着々と競売決定の通知、競売のための物件調査、競売公告、そして開札、買受人の決定と手続きを進めます。

 

よって、債務者にとって、競売の申し立てを止める最大のチャンスは、通知を受領してから一刻も早く銀行と交渉することです。

専門業者に相談

交渉の目的は任意売却の承諾を得るためです。

 

法律的判断を的確にできる任意売却専門業者とか弁護士、司法書士等に依頼して交渉してもらうことです。銀行としてはそのような人が交渉人になることで債務者の本気度に確信を抱き、速やかに交渉に応じることでしょう。


ホーム サイトマップ