任意売却後の残債

任意売却後の残債

住宅ローンの残高が残っているという状態

任意売却後の残債はどうなるのでしょうか。

 

 

任意売却をすることによって住宅ローンの残高を全部帳消しにできればいいのですが、ローン残高に対して売却価格が下回っていれば、不動産は自分の所有から離れてしまっているにもかかわらず、住宅ローンの残高が残っているという状態になります。

 

当然、その残高を今後も支払い続けなければなりません。

 

とはいえ、これまでと同様の支払ペースで支払い続けることになる事はありません。

 

任意売却を選択せざるを得ない状況になったわけですから、銀行(または住宅ローンの保証会社)も現在の経済力で可能な支払ペースに組み直したもので、新たな契約を結び直すという流れになります。

 

銀行や保証会社としては、時間がかかったとしても元金の回収を望みます。

 

破産されることが一番困ることなのです。

 

ですから、しっかり連絡も取れている債務者に対して強引なことはしてきません。

 

現状をしっかり話して、無理のないペースで返済できるような契約を結び直してもらえばいいのです。


ホーム サイトマップ