任意売却をすると自宅に住み続けることができる??

任意売却をすると自宅に住み続けることができる??

自己破産の道を選択する

 

住宅ローンの支払いが滞納に陥れば、その先の選択の道は限られます。

 

自己破産をするか、競売にかけられるかです。

 

自己破産の道を選択すると最低の生活をするため以外の資産は全て処分してその売却額で負債を返済し、それでも返済しきれない債務は免状されます。

 

よって債務からは解放されますけれど、住宅は手放さなければなりません。

 

競売は落札者が決定すると大抵の場合は強制退去させられます。

 

最後の一つと言える選択肢があります。それは任意売却です。

 

ローンのし支払いが滞り、督促状を受けた時から任意売却を決断して積極的に取り組むと、自宅に住み続ける道が残されています。

売却後も住み続ける

それは、任意売却とは身内とか売却後もすみ続けたいとの債務者の意向をあらかじめ理解してもらえる人に買取ってもらえるならば、任意売却後でも自宅に住み続ける道があります。

 

任意売却の経験豊富な不動産仲介業者に依頼して、売却後は賃貸料を支払って自宅に住み続けることを認めてくれる購入者を探してもらうのです。

 

 

もし、身内に購入してくれる人がいればより理解が得られやすく売却後も自宅であった時と変わらず住み続けることができます。

 

売却額をローンの一括返済に充当してそれでもなお残債があれば、その支払いも生活が成立する毎月の返済額にしてもらうことを購入者に交渉するのです。

 

売却後に課せられる債務者の問題解決の交渉も可能にしてくれるのが任意売却なのです。


ホーム サイトマップ