任意売却 内緒

任意売却の期間について

任意売却の期間について

住宅の購入のために住宅ローンを利用しているという方は多いと思います。借りる時には当然返せる計画で借りたものでも、様々な事情で返済ができなくなることもあるでしょう。そういった場合には任意売却によって物件を売却してしまうというのも1つの方法です。

 

 

しかし任意売却はいつでもできるというものではありません。任意売却を考えるなら、任意売却の期間について知っておかなくてはいけません。
周りの人たちに任意売却だということがばれないように売ってしまうためにも重要なことです。

 

まず任意売却ができるのは一定期間返済が延滞した状態が続いた場合です。普通に返済している間は金融機関が応じてくれませんので利用できません。金融機関によってもその期間は変わりますが、だいたい半年程度と見ておくのが良いでしょう。

 

また、任意売却は不動産競売と平行して行うことも可能となっています。ただしその期間は競売の開札期日の前日までと決められています。しかし売却は一日でできるようなものではありませんので、ある程度の期間が必要となりますし、場合によっては債権者が競売の手続き後は任意売却を認めてくれないこともあります。

 

ですから任意売却を考えているなら競売にかけられる前に少なくとも1ヶ月程度は余裕を持っておきたいということになります。


ホーム サイトマップ