任意売却 内緒

任意売却ができる期間

任意売却ができる期間

住宅ローンなどの返済ができなくなってしまった際に不動産を売却する方法というのはいくつかありますが、競売というのは相場よりも低い価格で売れてしまうため不利です。そこで利用したいのが任意売却ということになります。

 

これから任意売却を検討している方であれば任意売却ができる期間というのは気になることと思いますが、任意売却はいつでもできるというわけではありません。しっかりと計画を立ててできるだけ早く行動しなければいけません。
早く実行することが周りにばれずに売却するコツでもあるのです。

 

 

 

債権者によって競売開始の手続きが取られたとしても、開札期日の前日までは任意売却が可能となっています。しかし、実際のところ手続きが始まってからでは任意売却を認めない金融機関が多いですし、売却が成立するためにはそれなりに期間が必要なります。

 

売却価格が安かったり、人気があり需要の高い物件であれば短期間で買い手が見つかることもあるでしょうが、そうでなければ開札期日までに買い手が見つからないことも少なくありません。いくら売りたいという意志があっても買いたい人がいなければ成り立たないのが不動産売買です。

 

売却のための準備や買い手が見つかり契約が締結されるまでの期間として最低でも1ヶ月以上は考えておいた方が良いでしょう。


ホーム サイトマップ