住宅ローンに関する特則とは

住宅ローンに関する特則とは

住宅資金特別条項

個人再生においては、借金の条件、具体的には返済額を緩和してもらい、

 

一定額を支払い終わったところで残りは免除してもらうことができます。

 

ところが、この話の中に住宅ローンは含まれていません。

 

これを住宅ローンに関する特則、

 

あるいは、住宅資金特別条項、と言います。

 

例えば、住宅ローンが2000万円、

 

その他のローン(サラ金からの借金等)が500万円あるとします。

 

個人再生で条件が緩和され、その緩和された条件で返済が終われば

 

残りの借金が免除されるのは500万円部分だけになります。

 

2000万円については基本的には従前の条件通り、元本も利息も支払う必要があります。

なぜ住宅ローンは特別な扱い?

では、なぜ住宅ローンについては特別な扱いがされているのでしょうか。

 

この答えは、住宅ローンを個人再生の手続きに含めてしまうと、

 

手続き開始と同時に住宅ローンの担保である家が競売にかけられてしまうからです。

 

個人再生は担保権の行使を基本的には停止させないため、

 

担保権が行使されてしまいます。

 

これでは債務者の生活基盤を守りながら債権者への弁済を

 

なるべく多くする、という個人再生の理念が達成されないこととなってしまいます。

 

そのため住宅ローンについては担保権の行使を制限し、

 

代わりに住宅ローンの免責を認めないこととされているのです。


ホーム サイトマップ