任意売却はいつからいつまでできるのか

任意売却はいつからいつまでできるのか

任意売却はいつからいつまでできるのか

住宅ローンや借金の返済が滞ってしまった場合に利用することができる任意売却という方法。任意売却は競売よりも高い価格で売却することができますが、その期間は限られています。任意売却はいつからいつまでできるのかは知っておくべきでしょう。

 

 

任意売却のタイミングを逃してしまい、競売に掛けられてしまうと内緒で任意売却をすることが出来なくなってしまいます。

 

任意売却が可能となるのはまず住宅ローンが滞納し始めてから約3・ヶ月経過してからとなります。健全に返済を行なっている間は金融機関が任意売却を認めてはくれません。期限の利益損失となった場合に金融機関に任意売却を申し出ます。

 

その後競売申立が行われますが、この時点ではまだ任意売却は可能です。つまり競売と平行して行うことが可能なのです。申立から約1ヶ月で物件の室内撮影や聞き取り、鑑定、評価書の作成が行われます。さらに1・ヶ月が経過すると期間入札の公告が行われ入札開始日が決まります。そしてその2・ヶ月後に期間入札が開始します。

 

任意売却はこの期間入札の前日までが可能な期間となっています。つまり、任意売却の申し出を行なってから4・ヶ月程度が可能期間ということになりますね。この期間内に売却が決まらなければ物件は競売にかけられてしまうということになりますから、需要の高くない物件はできるだけ早く動いた方が良いということになります。


ホーム サイトマップ