任意売却を避けた方が良い場合

任意売却を避けた方が良い場合

任意売却を避けた方が良い場合

任意売却は一般にはメリットが多いということが宣伝されることが多いと言えます。
たしかに、裁判所の競売手続きが行われるよりも、高い価格で売却される可能性があることや手元に売却後の残りのお金(余剰金)が入ってくる可能性が高い任意売却は一般論としてメリットが高いと言えます。

 

しかし、次のような場合には任意売却を行うことは避けたほうが良いといえます。

 

まず、負債が住宅ローンにとどまらず、ほかにも数多くある場合には任意売却はよりも破産、民事再生その他の倒産処理手続を経るべきです。任意売却をしても、あらゆる借金が全てなくなるわけではありません。
あくまでもご自宅マンション等を売り払い、住宅ローンなどを返すというだけです。住宅ローン以外に負債があった場合、負債が消えるわけではありません。そのため、このような場合には、破産など債務の処理ができる手続きをとるべきと言えます。

 

さらに、任意売却に関して、違法業者の関与が疑われる場合です。
例えば、つい借りてしまったお金の貸主が闇金などであった場合には、任意売却は困難となりがちです。
何らかの違法な妨害が入った場合、裁判所を通さない任意売却の場合には、強制力を行使することができず手続きが進まないその他予期せぬ不利益受ける可能性があるためです。


ホーム サイトマップ